はっきりとした目元へ|コンプレックスを解決できる二重の手術とは

はっきりとした目元へ

まぶたの余分な脂肪を除去

医師

まぶたがもともと腫れているような人や、加齢で瞼の皮膚がたるんできた人には眉下切開によってスッキリとした目元が実現できます。眉下切開とはまぶたの余分な脂肪を除去する治療を言い、これによって目元が大きく若々しく見えるというメリットがあります。それまでの目元のコンプレックスを眉下切開によって大きく変えることができるため、最適な治療となっています。美容外科によっては眉下切開の傷痕が目立たないように、独自の切開法や縫合を行っているところもあります。まぶたを切開することで、眉毛の毛根が傷つけられるおそれがあるため、そこを上手く避けて切開したりもします。また、縫合も眉毛の下のラインに沿って行うため目立たずに済み、皮膚がひきつらないように工夫した縫合術が行われます。これによって違和感のない自然なまぶたとなり、まぶたの腫れやたるみも消えていきます。

得られるメリット

眉下切開の治療は、まず最初に除去したい脂肪の部分を明確にするためマーキングを行います。そして麻酔を使い、眼球を覆う眼輪筋上の皮下脂肪を切除していきます。そして縫合をしていく形となり、約1週間後に抜糸をします。ダウンタイムは人によって違ってきますが、術後は赤みや腫れがしばらく続きます。しかし、1〜3か月後にはだいぶん落ち着いてくるようになるので問題ありません。眉下切開の治療で、それまでまぶたに隠れていた二重がはっきりと出てくる場合もあります。これによって、より目の印象が強くなるので奥二重の人にはおすすめです。そして、眉下切開とともに二重の手術をしていくこともできます。余分な脂肪が除去できるばかりか、二重のお蔭でさらに目元が大きく見える効果もあります。